• ベビーシッターの仕事がおすすめです

    子どもと一緒に過ごすことが苦にならない、人の世話を焼くのが好きなど、ベビーシッターとして仕事をしてみたいと思っている人はいませんか。



    最近では働く女性が増え、子どもを産んだ後もすぐに職場に復帰する女性が増えています。

    明日に役立つYOMIURI ONLINEに関する情報が満載のサイトです。

    保育園は倍率が高くて入園できなかったり、職探しをするときに一時保育で預かってもらうなど、いろいろな形でベビーシッターの需要がたくさんあります。



    ベビーシッターの仕事をするには特別な資格は必要ありません。
    高校生はできませんが18歳以上なら可能ですし、子どもが好きな人、子育て経験のあるお母さんなどでも大丈夫です。

    保育士として働いていたことがある人はその経験がとても役に立ちますし、人材派遣会社の中には、ベビーシッター認定資格を取るための教育制度などがあったり、研修があったりする会社もあります。


    保育園と違って、一対一の保育なので大変ですが、同僚の保育士さんとの人間関係で悩む必要はありませんし、空いている時間に仕事をすることができるので、ある程度自由にスケジュールを組むことが可能です。

    預かっている子どもの安全について常に気を配らなくてはいけないため、緊張感もありますが、保護者の方に感謝をされたり、同じ人から継続して依頼されたりなど、人の役に立つということでやりがいもあります。
    夜間や深夜などの依頼をこなしたり、英語の能力をいかして外国人の子どもを預かるなど、いろいろな方法でステップアップすることができるのでおすすめです。